スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

契約しちゃったよ~ん

2月29日に営業さんはやって来た。
昨日の時間に恐れたので19時30分に約束した。大して変わらないが・・・。
仕事帰りにケーキを買ってきた。
いつもお茶だけだし、今日はめでたい契約の日ってことで一緒に食~べよ♪

正式な契約書の説明を聞いた。
住所、氏名を記入する時に緊張した。
慌て者の自分は間違えるんじゃないかと思っていた。
案の定間違えた(T_T)

ケーキを食べ終わったのは22時前。昨日約款のを説明を聞いていなかったら・・・。

営業さんが帰った後、旦那が言った。
信用したけど良かったかなぁ?
何のこと???
実は契約書の内容に訂正するところがあったのだ。
ヘーベルさん上司の訂正印も必要だった。それを2部とも渡したから。
旦那いわく「本来なら1部持って帰って訂正印押してもらって、1部はこっちが持っておく。訂正印が押されたものを確認してから、訂正印を押してないものを渡す。こうすれば後から契約書の内容に書き加えることはできない。」
「今までのこともあるし信用するよ。いい加減なことはしないよな。」

契約書の内容で引っかかる、ってことが一つ。
実は、見積もり時の内容と契約時の内容がちょっぴり変わってた。
私が譲れないパッチワークと子供の勉強場所になるであろう共用スペースの天板が契約書から無くなっていた
見積もりの段階ではあったのだけど、「大きすぎて特注品になるので記載しませんでした。」と言われた。
親切といえば親切?捉え方は色々だろう。
他にも同じような内容があった。
旦那は「契約時じゃなくてもっと早い段階で言ってほしかった。特注品になるならもっと早く分かっただろうに。」

後日、訂正印を押された契約書が手元に届いた。
契約書は訂正印以外に変わってなかった。ホッ。
でも一つ。
営業さん「後から見落としに気付いたのですが、浴暖を入れるのを忘れていました。こちらの責任なので、ご負担をかけることなく必ず浴暖が付くようにします。」
これってラッキー?浴暖って入れる必要あるの?と思い始めていたものだから、入れてもらえるならそうしようと決めた私であった。
スポンサーサイト

[ 2008/03/11 05:02 ] プラン作成~契約 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。