スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

脱衣・洗面所

お久しぶりです。
ちょっと体調を悪くして寝ておりました&ビックリがありちょっと書けませんでした。

今日は脱衣所・洗面所の現在の設備です。
キッチン同様、契約前に完成宅見学会で見てコレがいいと思いメーカーをチェックし契約時に指定

洗面設備はTOTOクリアZシリーズ(ヘーベル標準)
・三面鏡になっていて、裏にモノが収納できてごちゃごちゃ見えない
・水洗が壁付きだから、水洗の立ち上がり周囲が汚れにくそう
(選択理由ではないけれど、洗面ボールが大きくて、赤ちゃんの沐浴ができそう。ベビーバスは不要だと思ってます。)

他メーカーに惹かれる所がなかったので決定。

変更点は、ベースキャビネット部分。初期設定は片引き出しタイプだけど、奥まで有効的に使いたくて取り出しやすさも考えて全引き出しタイプに変更。

脱衣・洗面所には、洗濯機も一緒に置きます。
この洗濯機、ドラム式洗濯乾燥機で大型を購入していた。洗濯機が高いため、窓の高さ変更のために窓の種類が変わった。

動線を考え、引き戸が二つあり、中が通り抜けられるようになっています。
引き戸が二つ、浴室折れ戸、洗濯機、洗面化粧台があると収納が限られてしまうので、造り付けのフルトールタイプの収納にしました。
(入居後、突っ張り式のラックを購入することも検討したが転倒の危険性を考えた。)
便利かなと思い、室内昇降物干しを付けてるけど使用頻度は多いのかな?
だって洗濯物を干す場所は、ベランダまたは2階室内。おそらく、洗濯したものはカゴに入れて2階に持って行きそうな気がするのは私だけ?

室内昇降物干しの使い勝手はどんなものなんでしょう?

スポンサーサイト
[ 2008/04/09 19:36 ] 洗面台 | TB(0) | CM(7)

考えている床暖房の使い方(愚痴入ってます)

ヒートポンプ(エコキュート)式床暖房考えると悩みの種です。
(何度も言いますがうちはガスを入れられません。入れません。)

メリット
・熱源ガスの床暖房と仕組みが同じ温水式なので同効果
・追い炊きしなければ、ランニングコストが安い(深夜電力使用)
・オール電化ならば、オール電化割引を受けられる

デメリット
・仕組みはガスと同じだけど、貯湯タンクが必要なのでその分イニシャルコストアップ
・追い炊きすれば湯切れはないが、昼間に追い炊きするとランニングコストは高い(①)
・追い炊きをしないためには使用時間、畳数など考慮する必要あり(②)

うちの設置場所はリビング(L)、ダイニング(D)、洋室(同居を考えた義母部屋)の3室。

①を考慮するために②を考える必要がある。
使用時間は、早朝(5~8時頃)と夜(19時~就寝1時間前くらい)を考えている。
家の間取りも冷暖房効率を考えた。LとDをスライドスクリーンで仕切られるようにした。
はじめはリビングが客間になるから、ダイニングを見せたくなくてスライドスクリーンの採用を決めた。
だけど冷暖房効率を考えると、あると便利だと思った。仕切ればその部分だけ冷暖房を効かせられるから。
普段は開けていることが前提。

②の畳数を考えると、床暖房の畳数を減らしたい。畳数が多くなると追い炊きしないための使用可能時間が減る
床暖減らす候補は個室だと思う。義母の部屋は家中で一番日当たりがいい。入れる必要はある?
それに個室に床暖房を入れる必要性が疑問。個室に入れたら閉じ込めるような気がする。
集まる部屋が居心地が良ければいいのでは?
個室に入れてる人いる?
「個室に入れる必要性って?」と言っても、納得する返事は返ってこない。
旦那「(義母が)床暖あるといいって聞くって言ってただろ?」⇒それは山奥だからでしょ。それに個室になんて言ってた?

床暖の畳数の話になると、旦那はLDをなくす話にもっていく。私は個室をなくしたい。
はじめDに床暖はもったいないと思っていた。でも、普段スライドスクリーンを開けていることを考えるとDにも欲しい。
減らすことを言った時、旦那は「Dやめるか。」私「ならずっとスクリーン閉めたままなの?スクリーン開けたらLに床暖あっても寒いよ。」
旦那「そんな言うならLやめる?」私「じゃぁ、床暖入るところって(義母の)洋室だけ?」
旦那「そういうことになるやんか。」私「・・・・。」
(何でそうなるんかなぁ?だったら全部やめる?)

息子って・・・・・・・。

立場によって変わるだろうけど、第三者からどう見える?
[ 2008/04/02 11:48 ] 床暖房 | TB(0) | CM(3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。